アフターケア

ウイッグを長くお使いいただくために、
ご購入後のケアについてご紹介します

フルウイッグのつけ方

フルウイッグは着け方やちょっとしたコツにより自然さが全く変わってきます。
最初は難しく感じることもあるかもしれませんが、
慣れると非常に手軽に、様々なヘアスタイルを楽しむことができます。

ご用意いただくもの

  • ブラシブラシ
  • ウイッグネットウイッグネット
  • ヘアピンヘアピン
  • 鏡

STEP1

ウイッグを逆さ(調整ベルト、またはラベルが付いている方)に持ち、空気を含ませるように振るとヘア全体がふんわりとなります。

STEP2

ウイッグの正面を持ち、手元でお好みのスタイルにブラシをやさしく入れて整えます。

STEP3

あらかじめネットを広げながら、頭にかぶります。

ウイッグの裏側の後ろに、調整ベルトがついています。
頭のサイズや毛量に合わせて、S字フックの位置をさし
変えることで簡単にサイズ調整することができます。
※商品によっては調整ベルトのないものがあります。

STEP4

下地ネットがずれない様に、生え際、両耳上、えり足をヘアピンで留めます。下地ネットを少しずつ後ろに伸ばし、軽くネットの先を伸ばしながら頭頂部へ持っていきます。(矢印①)ネットの先をご自分の髪と一緒に内側(矢印②)に折りたたみます。

STEP5

頭頂部の後ろ辺り(矢印③)できれいに下地ネットをまとめ、ヘアピンで留めます。下地ネットから耳を出し、生え際から1 ~ 2cm 位後ろに下地ネットをずらします。(矢印④)これで下地ネットのでき上がりです。

ロングヘア・セミロングヘアの方
髪を後ろへ流し、後ろ髪とまとめ、なるべく山にならな
い様にしてください。丸く固まりをつくらない様、頭頂
部の後ろ辺りに平らにまとめるのがコツです。

ショートヘアの方
髪を後ろへ流し、必要な場合はヘアピンで留めてくださ
い。

STEP6

ウイッグの前後を確認します。(調節ベルト、またはラベルが後ろになります。)

STEP7

左右の耳に当たるウイッグのこめかみ部分(ワイヤー部分)を持ち、前髪を巻き込ませないように生え際にあわせ、前から後ろに下ろしながらかぶります。

STEP8

ウイッグのえり足部分とご自分のえり足部分を合わせるようにして、ウイッグの位置を決めます。

STEP9

必要に応じて両耳上に各1 本、えり足に1 ~ 2 本のヘアピンで留めてウイッグを安定させます。ヘアピンの先は、見えないように、髪の中におさめてください。

STEP10

ウイッグのえり足部分とご自分のえり足部分を合わせるようにして、ウイッグの位置を決めます。

STEP11

前の位置の確認をします。生え際から1 ~ 2cm 位後ろが目安として確認してください。

STEP12

両サイドの位置の確認をします。 ワイヤー部分の左右の位置が同じか、こめかみにきているかを確認してください。

STEP13

えり足の確認をします。 ご自分の髪がきちんとウイッグにおさまっているか、確認してください。

部分ウイッグのつけ方

部分ウイッグは着ける位置が一番のポイントとなります。
ご自分の髪と上手になじませ、手軽にボリュームアップしましょう。

ご用意いただくもの

  • ブラシブラシ
  • ウイッグネットウイッグネット
  • ヘアピンヘアピン

STEP1

ウイッグを着ける前に、ご自分の髪をブラッシングして整えてください。

STEP2

部分ウイッグを逆さに持ち、空気を含ませるように振るとヘア全体がふんわりとなります。

STEP3

部分ウイッグを正面に持ち、根元から毛先までブラシをやさしく入れて整えます。

STEP4

部分ウイッグを着ける前に、前後の確認をします。あらかじめ装着ピン(留め金具)をすべて開いておきます。

装着ピンの開き方
装着ピンの両端を持って、軽く下から上に押し上げると
、パチンと音がして装着ピンが開きます。

STEP5

ボリュームをつけたい部分に部分ウイッグをのせます。装着ピン(留め金具)を地肌に沿って寝かせるようにご自分の髪に差し込み、固定します。パチンと音がするのを確認してください。生え際から1~2㎝位後ろが、着ける部分の目安です。

STEP6

部分ウイッグを指で押さえながら、前から1ヵ所ずつ装着ピン(留め金具)を留めます。頭に沿わせながら、最後に後ろの装着ピン(留め金具)を留めます。

しっかり装着ピンを留めるコツ
ご自分の髪の根元で留める。はさみ込む髪の量を多めにするとしっかり留まります。

STEP7

部分ウイッグを軽く指で押さえつつ、部分ウイッグとご自分の髪をなじませながらブラッシングします。その際、ブラッシングで部分ウイッグをおさえつけないようにご注意ください。仕上がりにボリュームが出にくくなります。

ウイッグのお手入れ

いつも清潔に、気持ちよくお使い頂くために。手軽にできる、ご自宅でのお手入れ方法をご紹介します。
「合成繊維ウイッグ」と「人毛ミックスウイッグ」ではシャンプーの方法が異なります。
シャンプー前に必ずお確かめください。

ご用意いただくもの

  • ウイッグシャンプーウイッグ
    シャンプー
  • ウイッグスタンドウイッグスタンド
  • ブラシブラシ
  • お手持ちのリンス(人毛ミックスの場合)お手持ちのリンス
    (人毛ミックスの場合)
  • 吸水性の良いタオル吸水性の
    良いタオル

「合成繊維ウイッグ」のシャンプー方法

STEP1

洗う前に軽くブラッシングをして、ホコリやもつれを取ってください。
※装着ピンがついているものはすべて閉じてください。

STEP2

つぎに、ハイネットのウイッグシャンプーを約2Lの水(お湯ではありません)の中に適量(小さじ2杯相当)入れ、泡立てます。ウイッグを約5~10分浸し、汚れが浮いてきたらやさしく押し洗いします。裏返して洗えば、ネット部分の汚れにも効果的です。

STEP3

水(お湯ではありません)を注ぎながら充分にすすぎます。
※ウイッグを洗う際は「お湯」ではなく、必ず「水」をご利用ください。
※合成繊維ウイッグにリンスは使用しないでください。

STEP4

吸水性の良いタオルに包み、軽く押さえて水気を取ります。

STEP5

その後、風通しの良い場所で自然乾燥させます。ドライヤー等の熱風は避けてください。
※合成繊維ウイッグはしっかり自然乾燥させてください。

STEP6

完全に乾いたら、静電気防止のため全体にウイッグコンディショナーをスプレーします。その後、ブラッシングして軽くスタイルを整えます。毛先を流したい方向にブラシを抜くと、美しく仕上がります。

「人毛ミックスウイッグ」のシャンプー方法

STEP1

洗う前に軽くブラッシングをして、ホコリやもつれを取ってください。
※装着ピンがついているものはすべて閉じてください。

STEP2

つぎに、ハイネットのウイッグシャンプーを約2L の水(お湯ではありません)の中に適量(小さじ2 杯相当)入れ、泡立てます。ウイッグを約5~ 10 分浸し、汚れが浮いてきたらやさしく押し洗いします。裏返して洗えば、ネット部分の汚れにも効果的です。

STEP3

水(お湯ではありません)を注ぎながら充分にすすぎます。手持ちのリンスを適量入れた水(お湯ではありません)に2 ~ 3 分浸します。もう一度軽くすすぎ洗いをします。
※ウイッグを洗う際は「お湯」ではなく、必ず「水」をご利用ください。

STEP4

吸水性の良いタオルに包み、軽く押さえて水気を取ります。

STEP5

その後、風通しの良い場所で自然乾燥させます。ドライヤー等の熱風は避けてください。

STEP6

半乾きの状態で、指やブラシなどで形を整えます。その後、風通しの良い場所で自然乾燥させます。仕上げに、静電気防止とソフト仕上げのために、全体にハイネットのウイッグコンディショナーをスプレーするといいでしょう。

アフターケア

ウイッグを長くお使いいただくために、
ご購入後のケアについてご紹介します

フルウイッグのつけ方

フルウイッグは着け方やちょっとしたコツにより自然さが全く変わってきます。
最初は難しく感じることもあるかもしれませんが、
慣れると非常に手軽に、様々なヘアスタイルを楽しむことができます。

ご用意いただくもの

  • ブラシブラシ
  • ウイッグネットウイッグネット
  • ヘアピンヘアピン
  • 鏡
つけ方を詳しく見る

STEP1

ウイッグを逆さ(調整ベルト、またはラベルが付いている方)に持ち、空気を含ませるように振るとヘア全体がふんわりとなります。

STEP2

ウイッグの正面を持ち、手元でお好みのスタイルにブラシをやさしく入れて整えます。

STEP3

あらかじめネットを広げながら、頭にかぶります。

ウイッグの裏側の後ろに、調整ベルトがついています。頭のサイズや毛量に合わせて、S字フックの位置をさし変えることで簡単にサイズ調整することができます。
※商品によっては調整ベルトのないものがあります。

STEP4

下地ネットがずれない様に、生え際、両耳上、えり足をヘアピンで留めます。下地ネットを少しずつ後ろに伸ばし、軽くネットの先を伸ばしながら頭頂部へ持っていきます。(矢印①)ネットの先をご自分の髪と一緒に内側(矢印②)に折りたたみます。

STEP5

頭頂部の後ろ辺り(矢印③)できれいに下地ネットをまとめ、ヘアピンで留めます。下地ネットから耳を出し、生え際から1 ~ 2cm 位後ろに下地ネットをずらします。(矢印④)これで下地ネットのでき上がりです。

ロングヘア・セミロングヘアの方
髪を後ろへ流し、後ろ髪とまとめ、なるべく山にならない様にしてください。丸く固まりをつくらない様、頭頂部の後ろ辺りに平らにまとめるのがコツです。

ショートヘアの方
髪を後ろへ流し、必要な場合はヘアピンで留めてください。

STEP6

ウイッグの前後を確認します。(調節ベルト、またはラベルが後ろになります。)

STEP7

左右の耳に当たるウイッグのこめかみ部分(ワイヤー部分)を持ち、前髪を巻き込ませないように生え際にあわせ、前から後ろに下ろしながらかぶります。

STEP8

ウイッグのえり足部分とご自分のえり足部分を合わせるようにして、ウイッグの位置を決めます。

STEP9

必要に応じて両耳上に各1本、えり足に1~2本のヘアピンで留めてウイッグを安定させます。ヘアピンの先は、見えないように、髪の中におさめてください。

STEP10

ウイッグのえり足部分とご自分のえり足部分を合わせるようにして、ウイッグの位置を決めます。

STEP11

前の位置の確認をします。生え際から1 ~ 2cm 位後ろが目安として確認してください。

STEP12

両サイドの位置の確認をします。 ワイヤー部分の左右の位置が同じか、こめかみにきているかを確認してください。

STEP13

えり足の確認をします。 ご自分の髪がきちんとウイッグにおさまっているか、確認してください。

部分ウイッグのつけ方

部分ウイッグは着ける位置が一番のポイントとなります。
ご自分の髪と上手になじませ、手軽にボリュームアップしましょう。

ご用意いただくもの

  • ブラシブラシ
  • ウイッグネットウイッグネット
  • ヘアピンヘアピン
つけ方を詳しく見る

STEP1

ウイッグを着ける前に、ご自分の髪をブラッシングして整えてください。逆さ(調整ベルト、またはラベルが付いている方)に持ち、空気を含ませるように振るとヘア全体がふんわりとなります。

STEP2

部分ウイッグを逆さに持ち、空気を含ませるように振るとヘア全体がふんわりとなります。

STEP3

部分ウイッグを正面に持ち、根元から毛先までブラシをやさしく入れて整えます。

STEP4

部分ウイッグを着ける前に、前後の確認をします。あらかじめ装着ピン(留め金具)をすべて開いておきます。

装着ピンの開き方
装着ピンの両端を持って、軽く下から上に押し上げると、パチンと音がして装着ピンが開きます。

STEP5

ボリュームをつけたい部分に部分ウイッグをのせます。装着ピン(留め金具)を地肌に沿って寝かせるようにご自分の髪に差し込み、固定します。パチンと音がするのを確認してください。生え際から1~2㎝位後ろが、着ける部分の目安です。

STEP6

部分ウイッグを指で押さえながら、前から1ヵ所ずつ装着ピン(留め金具)を留めます。頭に沿わせながら、最後に後ろの装着ピン(留め金具)を留めます。

しっかり装着ピンを留めるコツ
ご自分の髪の根元で留める。はさみ込む髪の量を多めにするとしっかり留まります。

STEP7

部分ウイッグを軽く指で押さえつつ、部分ウイッグとご自分の髪をなじませながらブラッシングします。その際、ブラッシングで部分ウイッグをおさえつけないようにご注意ください。仕上がりにボリュームが出にくくなります。

ウイッグのお手入れ

いつも清潔に、気持ちよくお使い頂くために。手軽にできる、ご自宅でのお手入れ方法をご紹介します。
「合成繊維ウイッグ」と「人毛ミックスウイッグ」ではシャンプーの方法が異なります。
シャンプー前に必ずお確かめください。

ご用意いただくもの

  • ウイッグシャンプーウイッグ
    シャンプー
  • ウイッグスタンドウイッグ
    スタンド
  • ブラシブラシ
  • お手持ちのリンス(人毛ミックスの場合)お手持ちのリンス
    (人毛ミックスの場合)
  • 吸水性の良いタオル吸水性の
    良いタオル
「合成繊維ウイッグ」のシャンプー方法

STEP1

洗う前に軽くブラッシングをして、ホコリやもつれを取ってください。
※装着ピンがついているものはすべて閉じてください。

STEP2

つぎに、ハイネットのウイッグシャンプーを約2Lの水(お湯ではありません)の中に適量(小さじ2杯相当)入れ、泡立てます。ウイッグを約5~10分浸し、汚れが浮いてきたらやさしく押し洗いします。裏返して洗えば、ネット部分の汚れにも効果的です。

STEP3

水(お湯ではありません)を注ぎながら充分にすすぎます。
※ウイッグを洗う際は「お湯」ではなく、必ず「水」をご利用ください。
※合成繊維ウイッグにリンスは使用しないでください。

STEP4

吸水性の良いタオルに包み、軽く押さえて水気を取ります。

STEP5

その後、風通しの良い場所で自然乾燥させます。ドライヤー等の熱風は避けてください。
※合成繊維ウイッグはしっかり自然乾燥させてください。

STEP6

完全に乾いたら、静電気防止のため全体にウイッグコンディショナーをスプレーします。その後、ブラッシングして軽くスタイルを整えます。毛先を流したい方向にブラシを抜くと、美しく仕上がります。

「人毛ミックスウイッグ」のシャンプー方法

STEP1

洗う前に軽くブラッシングをして、ホコリやもつれを取ってください。
※装着ピンがついているものはすべて閉じてください。

STEP2

つぎに、ハイネットのウイッグシャンプーを約2Lの水(お湯ではありません)の中に適量(小さじ2杯相当)入れ、泡立てます。ウイッグを約5~10分浸し、汚れが浮いてきたらやさしく押し洗いします。裏返して洗えば、ネット部分の汚れにも効果的です。

STEP3

水(お湯ではありません)を注ぎながら充分にすすぎます。手持ちのリンスを適量入れた水(お湯ではありません)に2 ~ 3 分浸します。もう一度軽くすすぎ洗いをします。
※ウイッグを洗う際は「お湯」ではなく、必ず「水」をご利用ください。

STEP4

吸水性の良いタオルに包み、軽く押さえて水気を取ります。

STEP5

その後、風通しの良い場所で自然乾燥させます。ドライヤー等の熱風は避けてください。

STEP6

半乾きの状態で、指やブラシなどで形を整えます。その後、風通しの良い場所で自然乾燥させます。仕上げに、静電気防止とソフト仕上げのために、全体にハイネットのウイッグコンディショナーをスプレーするといいでしょう。